iPhone6sを発売日に手に入れる

実機を手にするまでが予約です

iPhone6sの予約は、iPhone6sを手にするまでが予約です。(日本語おかしい)
家に帰るまでが遠足です。と同じですね。(知ってる)
このサイトは、発売日当日に入手してもらうことが使命と言っても過言ではありません。
世の中のほとんどの人がまだ手にしていない最新のiPhoneを手にした優越感たるや。

  • 眺めてウットリもよし。
  • 良くなった性能に陶酔するもよし。
  • 写真を撮って「新型iPhoneなう」とかつぶやくもよし。
  • facebookにアップして「いいね!」をかっさらうもよし。
  • 会社に持って行って注目の的になるのも良し。

iPhone6s発売から数ヶ月間はこの余韻に浸ることが出来ますね!(うらやましい)

 

予約開始日に予約すれば発売日当日に入手できるから別にいいよね…と思うかも知れません。
でも、去年のiPhone6では予約開始日に予約しても当日入手できない人がいました

 

  • 予約開始日当日に家電量販店に並んで予約したけど、初回出荷台数分は終わったといわれた
  • 予約開始日当日にオンライン予約で、スムーズに16:00ですぐに予約完了した人は無事に発売日当日に入手できたが、フォームの入力にちょっと手こずって時間がかかったら、結局約2週間後にとどいた

このような人達が実際にいました。話題のiPhoneは当日に入手してこそ意味があるのに1日遅れるごとにソンした気分ですよね。
発売日当日に入手した人も数ヶ月後に入手した人も、iPhoneには同じ値段を払っているのですから。
確実に発売日当日に新型iPhoneを入手するためには、予め知っておかなければいけないことがいくつかあるんです。

 

結論から言うと、

  • オンラインショップで予約
  • 予約開始日に会社を休める人は、公式ショップに並びつつオンラインショップで予約がより安心

が最も確率が高いということになりました。
じゃぁ、なんでそういう結論になったの?っていうのが今回の記事です。

 

 

知らないとソンする初回出荷と予約の仕組み

iPhone6sを予約で発売日当日に確実に入手するためには、
予約枠が多いところにお願いするのが賢い選択です。
じゃあどこに一番沢山台数が入るの?どこが一番予約枠が多いの?ってことで、iPhoneの初回出荷の流れをここで紹介していきます。

 

初回出荷台数が割り当てられるまで

全世界での初回出荷台数が決まる

iPhoneは、1300点にも上るパーツで構成されています。(iPhone6の場合)
これらの部品は世界各国で生産されていて、実は過半数のパーツを日本が生産しています。
フラッシュメモリは東芝、液晶パネルはシャープ、カメラセンサはソニーなど有名なところもありますが、
400点の電子部品は村田製作所が作製しています。
(参考:ニッポン企業健在ナリ! iPhone 6に見る日本モノづくりの実力

 

世界各国で生産された部品は、電子機器受託生産(EMS)世界最大手の台湾企業「フォックスコン」中国工場に集まり、そこで組み立てられます。
この工場のAppleから発注された目標台数の到達度合いで初回出荷台数が決まります。
(Appleが無理な命令を出し従業員が過労死したという事件もありました)

 

第1次発売国に割り当てられる

iPhone6sの予約開始日に在庫確保し発売日に入手する方法
初回出荷台数の目処が立ったら、まず第1次発売国に割り当てます。
第1次発売国はAppleが各国の携帯通信キャリアとの交渉の末に決める国です。
米国はもちろんのこと、オーストラリア・カナダ・中国・フランス・ドイツ・香港・日本・英国などが有力です。
ここであえて「有力」と言うのは、Appleのさじ加減で全く以て変わってしまうので、必ずしもそうなるとは限らないからです。
iPhone6の例で言うと、シェア(販売実績)が低い韓国は外されてしまいました。
(naver news(韓国語): アップル、アイフォン6の1次発売国から韓国を除く

 

Appleは契約条件について、販売網を特設することや、販売台数をかなり高く設定するなど、かなり強気で来ます。
各国キャリアもそれなりの対策を講じなければiPhoneは販売できません。
日本はソフトバンクの孫正義CEOが赤字覚悟でアプローチをかけ続け、独占販売権を手に入れることが出来た経緯があります。一企業のトップが強烈に働きかけてようやく発売できた。それだけ大変だったと言うことですね。
その結果iPhone3GS発売を皮切りにソフトバンクの契約者数は右肩上がりで快進撃が続いてきました。

 

softbankもauもdocomoも、iPhoneだけ他のスマホ・携帯電話ときっぱり分けて、特設サイトがあったり契約の扱いが違います。
これは、AppleのiPhoneがそれだけ価値が高く、シェアの奪還や新規開拓に大きく貢献してくれるスマホだからです。

 

日本の3キャリアへの割り当てられる

iPhone6sの予約開始日に在庫確保し発売日に入手する方法
世界の初回出荷台数のうち日本として割り当てられた台数を、さらに各キャリア(docomo,softbank,au)へ割り当てられますが、この台数はおそらく均等ではありません
前回の販売実績をベースに割り振られると考えて良いのではないでしょうか。(Appleとキャリアとの交渉次第で多少上限はします)
ここで、2014年9月以降のiPhone6の販売台数を発表した記事を紹介すると、

約半年間の累計販売台数シェアはソフトバンクが43.5%と半分近いシェアを獲得。次いでau(KDDI)が35.2%、NTTドコモが21.3%だった。発売以降、さまざまなキャンペーンを打ち出してきたソフトバンクに軍配が上がったようだ。
引用:livedoorNEWS iPhone6の累計販売台数実績

となっており、初回出荷台数が最も多いのがsoftbank、次いでauが多くなることが予想されます。

 

予約システムはキャリア毎

ここが最も重要です!!
出荷というと、各店舗それぞれに予め数量を決めて、予約は各店舗の任せる。ということをイメージしますが、iPhoneの予約に関しては違います。
各店舗毎に台数を割り当てるのではなく、各店舗に置かれた予約する端末で予約してもらい、予約サーバーで一括管理。
サーバーに登録された予約順で上から初回出荷台数分を各店舗へ出荷していくという仕組みを取っています。

 

なので、空いている地方のショップだからと言って当日入手できるとは限らないんです。

 

 

iPhoneの予約はオンラインショップがベスト

前項では、キャリアごとに初回出荷台数が決められていて、各キャリアは予約する端末で予約登録された順番に配送することを伝えました。
このことを踏まえて、iPhoneを予約できる方法をそれぞれみてみると、どれが一番良いのかが見えてきます。

予約する方法とそのメリットデメリット

  • 予約手段1 公式ショップ:ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップのキャリア直属の公式ショップ。対応スタッフ一人に一台、顧客用端末があり、予約も可能。
  •  

  • 予約手段2 公式オンラインショップ:docomoオンラインショップ、au Online Shop、ソフトバンク公式オンラインショップのこと。予約サーバーに直接予約できる。予約端末はあなたのスマホ。年中無休24時間営業の優秀な公式ショップ
  •  

  • 予約手段3 家電量販店:ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機などの家電量販店。1店舗1台が基本だが、複数台あるところも。もちろん予約可能。店員のヘルプもあって人は多いが、予約端末が少ない分、初回出荷の確保には不利か。
  •  

  • 予約手段4 携帯電話専門店:街の携帯ショップ。もしもしモンキー、テルル、等。予約できる店舗もあるが、2次代理店、3次代理店の端末では予約できないこともあるので事前確認しておくこと。予約できる場合は、二次代理、三次代理だからと言って予約の優先順位が後回しになることは少ないのでご安心を。

参考:量販店、専売店、併売店の違いは?

 

会社のトイレでも予約できる公式オンラインショップ

この四つを比較してみると、公式オンラインショップが一番予約しやすいことが分かります。

 

携帯ショップは予約できない店舗もあります。家電量販店は、整理券を配るなどしてその日のうちに予約は出来ますが、予約端末が少ない分オンラインショップより後回しになる傾向があります。
公式ショップは1店員1台になるので家電量販店よりもスムーズですが、本人照会や希望機種で人を介すのでどうしても時間がかかってしまい、その分オンラインショップより不利です。

 

オンラインショップの場合は、予約開始時間16:00になればすぐに申し込むことが出来ます。
機種変更でしたら電話番号を入力するだけで予約でき、予約完了メールもすぐに届きました。
かなり早い段階で、簡単に予約できるのでオススメです。私は56秒で予約完了しました!

 


(当然当日入手できましたよ!)

 

これなら仕事中に「ちょっとトイレに行ってきます…」で、予約できちゃいます!
当日会社をわざわざ休まなくても良くなりますよね。

 

MNP(他社乗り換え)の場合は、氏名、年齢、住所等の入力も必要になることがあるので注意。
MNP番号はこの段階では不要です。
去年softbankの場合は、MNPの場合でも電話番号だけで予約することが出来ました。

「サーバーダウン」という恐ろしいリスクもありますが、
オンラインショップのサーバー自体体制は強いですし、もし予約システムがダウンしてしえば、他のルートで予約することもできないので同じです。

 

 

予約開始日当日の準備をしよう

予約開始日は9月11日(金)

2015年は9月8日(火)に発表され、9月11日(金)に予約開始する見込みです。
iPhone6sが火曜日に発表されて予約開始は金曜日。発表から予約開始まで3日空きます。
この間に各キャリアがこぞって料金プランや価格をプレスリリース。
発表された週の金曜日16:00に予約が一斉スタートします。

ちなみにiPhone6のときdocomoは料金発表が間に合いませんでした。
後日きちんと発表されましたが、料金はsoftbank,au,docomoすべてほぼ平行線でした。

 

そして予約開始16:00に、家電量販店、公式ショップ、携帯ショップ、オンラインショップの全てに、一気に人が押し寄せてきます。
確実に予約したければ当日は有休を取っておきましょう。
また、午後半休でも予約開始には間に合います。

 

オンラインショップにアクセス

オンラインショップは16:00になったらフォームへアクセスできるようになり、予約できるようになります。

 

 

 

 

スマホでスムーズに予約するためのコツ

予約するなら公式オンラインショップが一番手っ取り早いことは伝わったでしょうか?
では、公式オンラインショップで予約することにして、次にはどうやったらスムーズに予約完了まで至れるかという話をしていきます。

 

予約完了まで時間がかかってしまい、予約完了したころには入荷が1ヶ月先になってしまった…という人もいますので。

 

電話番号だけでOK

スマホで予約するなら電話番号だけで出来ちゃいます。
他社から乗り換えでも、MNP番号は商品が届くタイミングで良いので、予約時には必要ありません。

 

 

サイズ・色・容量は予め決めておく

 

予約開始時間すぐに予約フォームにたどりついたのはいけれど、容量やらサイズやら色やら迷っていると時間がかかってしまいます。
どのサイズ・色・容量にするのかを決めておきましょう。
→iPhone6sの選び方ガイド

 

回線はLTEで十分

自宅の光ファイバーの回線でなくとも、キャリアの回線ならLTEで十分です。
店などに設置してあるWiFiスポットだと遅いですし、格安SIMは混雑時は不安定になるので避けて置いた方が良いでしょう。

 

→ソフトバンクオンラインショップで予約手続きを行う(スマホ版)執筆中

 

最後に…

実際、iPhone6sを機種変更で予約できるひとはリッチです。
型落ちのiPhone6やiPhone5sにしておけば、一括0円とかもう投げ売り状態ですから、月額料金も安く運用できます。
しかし、金額以上に新型のiPhoneをいち早く手にすることにこだわっているのですから、そこは是非突き詰めて欲しいです。

 

 

iPhone6s 予約ページへ

SoftBank【iPhone6s】

WEB購入窓口

ご予約はこちらから

↑↑↑↑↑↑↑

〜全国どこでも送料無料〜

iPhone6s/iPhone6s Plus発売!

iPhone6sの予約開始日に在庫確保し発売日に入手する方法関連ページ

iPhone6sのサイズは無印とPlusどっちが良い?
iPhone6sのサイズはどれくらい?iPhone5sのサイズは手のひらぴったり、iPhone6は大きめ、iPhone6sは大きすぎでした。
iPhone6sの発売日はいつ?徹底予想!
iPhone6sの発売日はいつになるのでしょうか。各情報網からのリークでほぼ確定しています。
iPhone6sの容量・色・サイズ 選び方ガイド
iPhone6sをスムーズに予約するために、予め色・容量・サイズを決めておきましょう。決めるポイントを紹介します。
iPhone6sのCPU、サムスン製もTSMC製も性能はほぼ変わらず
iPhone6sを予約開始日に簡単に予約して、発売日当日に確実に入手する方法を徹底解剖しているサイトです。
iPhone7の付属イヤホンが流出した可能性 |iPhoneを予約して発売日に手に入れよう!
本体からイヤホンジャックがなくなるのではないかと噂されていますが、ライトニング接続のイヤホンの画像が流出しました
iPhone7のホームボタンに「Force Touchボタン」採用か|iPhoneを予約して発売日に手に入れよう!
量産開始が報じられているiPhone7のホームボタンは、ボタンではなくタッチ式になるかも?
iPhone7,Plus,Proの3モデルになるか|iPhoneを予約して発売日に手に入れよう!
7からモデルが3種類になるかもしれません!迷っちゃいますね。。。
2016年の新型は「iPhone7」じゃなくて「iPhone6s」系列?|iPhoneを予約して発売日に手に入れよう!
2016年秋に発表されるモデルはiPhone6s系列の名前が付くかも?一風変わったリーク情報です
iPhone7の背面パネルが流出!カメラはデュアルか
iphone7の背面パネル画像が流出されました。イヤホンジャック撤廃、デュアルカメラなど様々な情報が見て取れます。
スペースブラックのコンセプト画像|iPhone7を予約して発売日に手に入れよう!
iPhone7のスペースブラックのコンセプト画像が公開されました(Apple非公式)
iPhone6sの予約開始日と発売日、価格その他
最新型iPhoneに関するリーク情報を紹介
iPhone7から16GBがなくなる
iPhone7から最安モデル16GBがなくなるかもしれないとThe Vergeが報じている
iPhone7と7PlusのCAD画像が流出。
iPhone7と7PlusのCAD画像が流出。Proは入っていなかった模様
iPhone7搭載のプロセッサA10がテスト段階に
iPhone7搭載のプロセッサA10がテスト段階に入りました。A6よりも18%性能向上とのこと
iPhone7のヘッドフォンジャックが流出
最新型iPhoneに関するリーク情報を紹介
iPhone7は9月6日発表9月9日予約開始
最新型iPhoneに関するリーク情報を紹介
iPhone7のカメラにも光学手振れ補正機能を搭載か
最新型iPhoneに関するリーク情報を紹介
iPhone7でおサイフケータイが使えるようになるかも
最新型iPhoneに関するリーク情報を紹介
iPhone7でキャッシュバックをもらう方法
最新のiPhone7でもキャッシュバックがもらえます!